loading

物流を起点に
より良い流れを作る者の集団

Believe
Our
Insight!

我々について

我々水岩グループ(㈱エムジェイファンクション、㈱エムエルシー、水岩ファッションサービス㈱、㈱データ・シェフ)は、長年に渡りアパレル業界を専門とした物流サービスを提供してまいりました。そして、数多くのアパレル企業ご担当者様とのお付き合いを通じ、独自の「洞察力(insight)」を育むことができました。
その洞察力を活かした業務設計力にて、業界特化型の倉庫管理システム・情報解析システム・高度在庫管理システムも手掛け、ITを駆使した物流改善提案を展開しております。
そして令和元年、新たな時代の幕開けとともに「物流」に+αの価値をより一層提供できる企業集団を目指すべく、Flow-Makers Holdings(株式会社フロー・メイカーズHD)を設立し同グループとして新たなスタートを切りました。

顧客数

40社2019年度

自社運営拠点数

13拠点2019年度

WMS年間取扱点数

2.0億枚2019年度

&社名の由来

物流を起点により良い流れ(Flow)を作る者の集団(Makers)。
業務を設計する者・システムを開発する者・運用を構築する者…あらゆる者達の知見を結集させ、 アパレル企業様の抱える課題に立ち向かい、より良いフローをこれからも生み出し続けるように社名に思いを込めました。

&各社概要

株式会社
エムジェイファンクション

株式会社エムジェイファンクション

エムジェイファンクションはグループ全体の本社機能(経営/営業/総務)を担う会社として、各社が持つ強みを組み合わせた物流改善策を提案しております。

株式会社
エムエルシー

株式会社エムエルシー

エムエルシーはシステム開発・運用を担う会社として、先進的で独創的なあらゆるオリジナルシステムを開発し提供しております。

Recruit

水岩ファッションサービス
株式会社

水岩ファッションサービス株式会社

水岩ファッションサービスは物流請負サービスを提供する会社として、全国多数の物流センターを運営しております。

株式会社
データ・シェフ

株式会社データ・シェフ

データシェフはデータ解析を担う会社として、物流データに新たな価値を生み出す研究を行っております。

&独自の「Insight」

我々は長きにわたり庫内物流業務の改善活動を続けて参りました。日々の業務を通じ得た経験はやがてノウハウへと昇華し、今日では独自の物流改善策を生み出せるようになりました。
以下では、その一例として「輸送・出荷(キャパ/省人化)・在庫管理」について、我々ならではの物流改善策をご紹介します。

image

「輸送費抑制」

輸送費イメージ

輸送会社に運賃交渉したくとも、輸送業界も昨今の人手不足対応で交渉も思うように進まないと思います。 「商品20点を2ケースで出荷、商品20点を1ケースで出荷」・・・輸送効率を上げる事も輸送費削減には有効ですが、意外と現況を捉えていないお客様も多くいるように感じます。

我々は出荷ケース毎の商品積載状況を可視化させ、輸送効率向上による輸送費削減をご支援する事ができます。               
<Connected-NEO:ロジKPI機能>

image

「輸送費削減」

輸送費イメージ

全国店舗展開のアパレル企業様が関東エリアに物流拠点を集約させると必然的に西日本エリアへの輸送費は上昇します。又、東西2拠点化すれば出荷指示作成や在庫管理が煩雑になるというジレンマを抱えます。

我々はDB様からするとあたかも1拠点運用しているかのように出荷指示を複数の物流拠点へ最適に割振り出荷できる、高度な複数拠点在庫管理機能を構築し、 全体最適化に向けた独自の解決策を有しております。
<Commons:VIL機能>

image

「出荷キャパ向上」

出荷キャパイメージ

一般的に庫内では出荷指示を受信後、出荷先別に作業帳票を発行し各作業者が作業帳票に従って出荷作業を行います。 アパレル物流では出荷先毎に商品出荷量のばらつきが多く、上記方法だと作業者毎に業務量にばらつきが生じます。 特定作業者に業務量が偏れば特定作業者が終了するまで全体作業を終了できず、全体終了時間の遅延や次工程作業者の手待ちを招きます。

我々は業務量の偏りを分散可能な独自アルゴリズムを有し、限られた時間内での出荷キャパシティを極大化させる運用を実現しております。
<SMARTS-NEO.WMS>

image

「省人化推進」

省人化イメージ

昨今物流業界でもトレンドワードの「ロボ・マテハン」。 アパレル業界は独特で複雑なビジネス特性があり出荷パターンを法則化しづらく、作業キャパシティが硬直化する機械化運用を適合させる事が非常に難しい物流案件と認識しております。 業務設計・導入台数を見誤れば期待していた省人化・投資対効果も見込めず、かえって人手が掛かる事もありえます。

我々は長年培った人手中心による物流業務経験を活かし、「機械」と「ヒト」各々の特性に考慮しつつ日々の出荷指示内容に応じ作業を割振る情報解析アルゴリズムを開発しました。 無理に全て機械化を推し進めるのではなく、人手運用に備わる柔軟性を活かしつつ、現場が混乱しないよう段階的に高度化を推し進める施策を推奨しております。
<Connected-NEO:WD機能>

image

「高度在庫管理」

輸送費イメージ

昨今アパレル業界では「オムニチャネル」施策が加速化しており、同時に倉庫に求められる在庫管理運用も高密度な連携に耐えうるITインフラが必須となりました。又、従来より複数チャネルで販売してきたアパレルビジネスに「EC」という新たなチャネルが加わった事で、一層複雑化した荷主ビジネス構造に配慮した全体業務フローの再構築が求められます。

我々はあらゆるチャネル在庫を統合的に管理し各チャネルからの引当にリアルタイムで処理応答できる在庫管理プラットフォームを構築しました。 加え、自社WMSにも自動連携し全チャネルの出荷業務をスムーズに行うことでお客様のオムニチャネル施策をご支援する事ができます。
<Commons:チャネル別統合管理機能>

3PLサービス
Outsourcing

image

グループ根幹事業である物流サービス

アパレル物流専業者として豊富な業務知識・自社システムを駆使しての物流サービスを安定的に提供しております。 自社アセットによる物流業務受託に加え、大手アパレル企業様案件を中心とした案件では指定センターに常駐し運営する事業形態も行っており、東日本・西日本各エリアにて物流センターを数多く運営しております。

WMSサービス
Subscription

image

現場運営ノウハウが凝縮された
「SMARTS-NEO.WMS」

あらゆるアパレル企業様の事業特性に順応すべく様々な庫内業務フロー・機能が配備された業界特化型システムです。又、我々の運用ノウハウが凝縮されたWMSを従量課金で提供する事で同業他社様へのシステム支援も推進しており、現在では社内外の年間取扱点数を合わせると約2億枚を突破しております。

情報活用サービス
Data analytics

image

独自技術を有したデータ活用システム
「Connected-NEO」

WMS自動連携の本システムには「残在庫の傾向可視化・停滞アラート機能」「ヒトとロボ/マテハンへの出荷業務割振り制御機能」「独自データを用いた物流KPIグラフ機能」といった特徴的な機能が備わっており、庫内運用の高度化と共に、アパレル企業様本部(物流部様・DB様)業務をトータルでサポートしております。

在庫統合サービス
Omni-Channel

image

BtoB/BtoC在庫の統合管理システム
「Commons」

BtoCチャネル在庫のみならず、BtoBチャネル在庫も独自ロジックを以て統合的に管理することが可能となっております。 物理的には同一棚で保管する事で省スペース化を実現しつつ、あらゆるチャネルでの販売効率化(販売機会ロス軽減)にも寄与しております。

3PL物流サービス

3PL
Service

㈱TSI・プロダクション・ネットワーク様

長きに渡り主要複数ブランド向けに物流サービスを安定提供。
近年ではBtoBチャネル在庫とBtoCチャネル在庫を同一棚にて一元管理化する事に加え、将来を見据えた先進的取組みとしてRFID活用やGeek+ロボを活用した物流フローの構築・運営を荷主ご担当者様と共創スタイルにて推進。

3PL物流サービス

3PL
Service

㈱ワールド様

関東・関西エリアにおいて何百にも及ぶブランド向けの物流サービスを複数拠点にて長きに渡り安定運営。
アパレルビジネス特集の商慣習を踏まえたきめ細やかな対応は勿論の事、近年ではBtoBチャネル在庫とBtoCチャネル在庫を同一棚にて一元管理し各オーダーに応じ即時出荷できるオムニチャネル対応型物流運営を始動。

WMS Subscription Service

NEO.WMS
Service

㈱コーエン様

同社の事業成長フェーズ毎に変化する必要な物流要件を満たすべく、大手同業他社にWMSを提供し裏方サポート。「リスト単位でなくケース単位でピッキング出荷可能なフロー」「店舗返送商品を当日入出荷可能なフロー」「RFIDをフル活用した入出荷返送フロー」といった、あらゆるノウハウが詰まった独自フローをWMSを通して提供。

Connected-NEO Service

Co-NEO
Service

㈱バロックジャパンリミテッド様

多種多様なブランドが共存する同社物流センターにおいて、運営安定化と同時に生産性の継続的改善による出荷キャパ拡大を実現。新施策として「ヒト」と「マテハン」各々が得意とする出荷内容毎に指示データを割振る事ができる、データ解析システム「Connected-NEO」を導入予定にて、波動対応できる柔軟性を維持しつつ、より高効率な運用を推進。

Commons Service

Commons
Service

㈱ベイクルーズ様

業界屈指のEC事業売上を誇る同社のオムニチャネル施策強化の一環として「Commons」を採用頂き、BtoBチャネル在庫とBtoCチャネル在庫のシームレスな管理を実現できる環境を構築。加え「SMARTS-NEO.WMS」との併用にて柔軟且つ高度な庫内運用を実現させており、販売機会ロスの軽減にも寄与。