Commons
(在庫統合管理システム)

店舗と物流センターなどのチャネル別に分断した在庫を一元管理することで、販売機会ロスの最小化・販売可能在庫の最大化を目指したシステムになります。

システムの特徴

特徴01

リアルタイム処理

EC向け在庫が売り切れているのに店舗在庫が残っている、A店では売り切れているがB店では在庫が有る等、販売出来る在庫が有るのに在庫が別で管理されている為に発生する機会ロスを防ぐことが出来ます。また、販売する在庫数に閾値を設定し、短期間に集中した売上や不良品等で発生する売り逃しを最小限に抑える事が可能です。

もし在庫一元化のデータ連携において ”即時性と正確性”を欠いた場合、顧客満足度の低下を招きます。 『Commons』では標準APIを用意しており、各システムとのリアルタイム連携が可能です。

特徴02

店舗支援アプリ

推奨アプリケーション(ShopUnify:東芝TEC様製品)と組み合わせる事でEC注文の店舗から個人への配送、店舗から別店舗または倉庫に対して個人への配送指示を行ったり、ECからの取り置き/試着予約機能を利用する事が可能となります。

※個人への配送は、在庫が有る最短距離の店舗(倉庫)からの発送を選定する為、輸送費削減が可能です。 店舗およびECを起点とした多様な購買行動のパターンに応える店頭業務をご支援します。

Commonsが選ばれる理由

Case.01販売機会ロスの最小化&庫内コストの削減

  • 株式会社ベイクルーズ様

    物流センター内でtoB(店舗用)、toC(ECサイト用)と別々に管理していた倉庫在庫をBtoBtoCとして統合するようにしました。
    さらに、オフィシャルサイトと実店舗でリアルタイムの倉庫在庫を参照できるようにすることで、スタッフはいつでも販売可能在庫がわかるようになりました。

システムサービス一覧

  • SMARTS-Evo

    レンタルモデル
    早く、安く、簡単に

  • SMARTS-Neo.WMS

    大規模ユーザーまで実績のある
    最適な機能をセレクト

  • Commons

    最適な販売チャネル配分・
    リアルタイム在庫共有

CONTACT

当社に関するご質問やご相談はお電話または下記フォームよりお問い合わせください。
気になる点や質問などもございましたら、お気軽にご連絡下さい。